バイアグラがダメならバリフ!?

レビトラという医薬品があります。
これを知らないという人もバイアグラは知っているはずです。
レビトラとはバイアグラの次に登場したED治療薬なのです。
レビトラ(LEVITRA)とはラテン語で「男性の生命」という意味で、まさしく男性のためにあるものと言えます。
そのレビトラのジェネリック医薬品がバリフです。
インドの企業アジャンタファーマの商品です。
ジェネリック医薬品であるため、非常に安く購入することができるのです。
レビトラは1錠1500円ほどですが、バリフはその十分の一の140円ほどで購入することができます。
その成分はレビトラと同じ塩酸パルデナフィル水和物であるため、その効果も当然ほぼ同じとなります。

バイアグラとの大きな違いには、効果が早く現れることと食事と併用による効果の変化です。
服用して効果が現れるのは個人差がありますが、バイアグラに比べて早く効果があります。
そして、何よりも食事を摂った後でも比較的効果を得やすいのです。
というのも、レビトラは水溶性だからです。

たとえ食後であっても胃の中ですぐに溶けてしまい、そして吸収されやすい性質があります。
それが効果が早く出る理由の一つなのです。
また個人差があるため、医薬品のすべてが全員同じような効果を及ぼすわけではありません。
それはED医薬品でも同じことが言えます。
バイアグラで効果が出にくい人でもバリフならば効果が出ると言うケースも決して少なくありません。
そのため、もしもバイアグラの効果を実感できなかったとしても、そこで諦める必要はありません。
バリフなど別のED治療薬を試してみればいいのです。
どのED医薬品が自分に合っているのかしっておくのも重要なことです。
ちなみにバイアグラとレビトラに共通するものがいくつかあります。
たとえば、どちらも服用したとき顔のほてりや目の充血や頭痛・動悸と言った副作用が現れます。
これは医薬品の成分が血流に左右されるものであることから起こる現象であり、服用した人の約90%の人々にその症状が現れる症状なのです。
そのため、服用して動悸などが現れたとしてもそう深刻に考える必要はありません。

ある意味で医薬品の効果が現れている証拠でもあります。
ただし、血流に影響を与えるため、心筋梗塞や脳梗塞・脳出血といった血管による病気の経験がある人は念のため医師と相談してから決めることが肝心です。
その点だけを注意すれば、安心して利用できる医薬品です。
実際にレビトラのジェネリック医薬品を利用している人は非常に多く、大きなトラブルに発展したことはありません。
また勘違いしてはいけないのは、性欲を高める医薬品ではないということです。
あくまで勃起をサポートする医薬品であり、そのためには性的な刺激がなければ勃起することはありません。
もしも、バイアグラを利用していたけど効果がなかった、初めてED医薬品を利用する人はバリフを利用してみるべきです。

Comments are closed.