バリフで年の差婚が増加する可能性も

近年、芸能界で「年の差婚」が話題になりました。
50歳以上の男性タレントが20歳以上もの年下の女性と結婚するのです。
その「年の差婚」は決して芸能界だけの話ではありません。
一般人のなかでも少しずつですが増加傾向となっています。
「20歳以上もの年の差が離れていて夜の営みのほうは大丈夫なのか?」
という疑問を抱いている人は多いでしょう。

特に性機能の低下を実感している40代以降の中高年男性はそう感じるはずです。
でも、その性機能低下をサポートしているものがあります。
それがバイアグラを始めとするED治療薬です。
ED治療薬なら低下した性機能を一時的に復活させることができるため、中高年男性でも若い女性と相手することが十分に可能なのです。
ただ、一時的な復活でしかないため、性行為するたびに事前にED治療薬を服用しておく必要があります。
そのため、経済的な負担が大きいのです。

その理由から「年の差婚」は芸能人など収入の多い中年男性が多かったわけです。
しかし、バリフなどジェネリック医薬品が普通に入手されるようになってから、状況が変わりました。
先発医薬品に比べて10分の1の価格で入手できるようになったため、経済的な負担がほとんどなくなったのです。
そのため、普通の収入である一般人でも性行為のたびに服用することに経済的な制限を受けずに済むようになったのです。
それが一般人でも「年の差婚」が増加した理由の一つと言われています。
ただ注意してほしいのが、ED治療薬の多くは筋肉を弛緩させて血流を促進させることで勃起を促すものです。
つまり勃起で陰茎が大きくて堅くなるのは決して筋肉でそうしているわけではないのです。
筋肉ではなく血流を増やして血液でパンパンに膨らませているのです。
血流に影響するため、血管系の病気を患っている人はバリフなどを利用するときには医師に相談することをオススメします。
「年の差婚」がというと中高年の男性がターゲットであり、その年代は高血圧など血管に負担がかかって血管系の病気の予備軍である割合が多いのです。
きちんと自分の体調を加味して利用することが大切となります。

とはいえ、生涯未婚率が増加している現代において「年の差婚」が増加することは良いことです。
お年寄りの孤立を防ぐことができますし、少子化対策の一環としても効果があります。
結果的に社会保障などの負担を軽減させることにも繋がり、社会全体から見ても大きな効果を及ぼす可能性は十分に考えられます。
そのきっかけとなるのがED医薬品であり、そのジェネリック医薬品のバリフというわけです。
もしかしたら近い将来で、性機能低下を悩んでいる独り身の中高年男性は、このバリフを利用する割合が増えるかもしれません。
そして、性機能を取り戻し若い女性にアタックしていくのが当たり前となる時代となり「年の差婚」がごく普通の風景となる日が到来することも決して不思議ではなくなるはずです

Comments are closed.