バリフと仲間達がEDから救ってくれました

「どんなに辛い時も、仲間の支えがあれば乗り越えていく事が出来る」というのが、学生時代からの私の口癖でした。
社会人になってからも、その口癖は変わりませんでしたし、その言葉を実感する事は多々ありました。
例えば私がEDになってしまった時も、仲間の協力で悩みを解消する事が出来たのです。

そしてその時、仲間の協力と共に私の力になってくれたのがED治療薬バリフでした。
あれは数年前、私が社会人一年目の時の出来事でした。
何とか職場の環境についていく事が出来る様になった頃、給料をはたいて彼女をレストランに連れて行きました。
彼女とは大学から交際を開始して、既に3年付き合っていました。
しかし、お互いが就職してからは仕事で忙しくなり、顔を合わせる時間も少なくなっていたのです。
この時も1ヶ月振りのデートとなったのでした。
私はこの日、彼女に結婚を前提として、これからも交際していこうと言いました。

その言葉に彼女は涙して喜んでくれました。
ですがその晩、問題が発生したのです。
いい感じでホテルに行った私たちは久しぶりのセックスを楽しむはずでした。
しかしその晩、私のペニスは何故か無反応だったのです。
まるで勃起してくれず、何とか勃ったと思ってもすぐに萎えてしまいます。
レストランで感動的なシーンを演出した後で、何ともしらけた夜となってしまいました。
それが私のEDとの戦いの始まりだったのです。
私はその翌日から、仕事が終わるとEDの研究をする様になりました。
そしてインターネットで情報を集める内に、ED治療薬で症状は改善出来るのだと知ったのです。

ただ、ネックだったのが治療薬の値段です。
1錠あたり1,500円という値段は、安月給の私には大変高額に感じました。
「そんなお金があったら彼女とホテルに行くよ・・。
でもホテルに行ってもEDだし・・」と、私はアパートで一人呟くしかありませんでした。
そんなある日、大学時代のサークル仲間で集まる事がありました。
気の置けない仲間達に、私はEDの事を打ち明けました。
「それじゃあ、俺たちも何か良い対策は無いか調べるよ」と、仲間達は言ってくれたのです。
そして数日後の晩、仲間の一人から連絡がありました。
「インターネットでバリフって検索してみろよ」と、その仲間は言います。
私が言われた通りにすると、ED治療薬のジェネリック版を紹介するサイトが見つかったのです。
「ジェネリックなら低価格だし、効果も十分高いらしいぜ」と、仲間は言って電話を切りました。
それから別の仲間からも同じ様なメールが来て、その声に押されて私はバリフを購入する事にしたのです。

何と言っても10錠入り1,700円という価格は魅力的でした。
さて、私は彼女を再びデートに連れ出しました。
そして事情を説明すると彼女は、「私も気になってたのよ。
でも仲間が協力してくれて良かったじゃない」といって嬉しそうにしていました。
私たちはホテルへ向かい、バリフを服用してセックスにトライしました。
このED治療薬は非常に効果が現れるのが早く、服用から20分しない内に私のペニスはもの凄く硬く勃起しました。
前戯を終えてペニスを挿入すると、彼女も思わず「硬い」と声を漏らしました。
お陰で無事にセックスが出来る様になり、数年経った現在は彼女と結婚生活を満喫しています。
バリフと仲間達には本当に感謝しています。

Comments are closed.