レビトラからバリフに切り替え

消費税が増税されてから、家計の負担を少しでも減らそうと考えている家庭は多いです。
もしも、日常的にED治療薬であるレビトラを利用している人がいるならば、その節約の方法でバリフに切り替えてみるのも一つの方法といえます。
というのも、これはレビトラのジェネリック医薬品だからです。
通常でレビトラは1錠あたり1500円ほどかかってしまいます。
レビトラは性行為する前に一錠服用することで効果を発揮させることができます。
それを性行為するたびに毎回利用することとなれば、家計の負担も大きくなってしまうのです。
たとえば、一週間に2回としても月に1万2000円以上もかかってしまう計算です。
しかし、バリフは1錠あたり140円から300円ほどと非常に安価で購入することができるのです。
同じように一週間に2回の頻度で性行為するとしても多く見積もっても3000円も使いません。
安価で入手できたら1000円弱です。
つまり、4分の1から10分の1まで、大幅に金銭的な負担を軽減させることが可能となっています。

そのほとんどが個人輸入で入手することとなり、それが理由で金銭的な負担をさらに軽減させることができます。
というのも、海外医薬品であるため処方箋を必要としないため医療機関で診断してもらう必要がありません。
そのため、医療費を節約することができます。

そして、消費税は国内の消費のみにかかる税金であるため、個人輸入で入手する医薬品には非課税となります。
消費税がかからないというのは増税された今では精神的にも大きな負担軽減となります。
このように、ジェネリック医薬品・医療費が不要・消費税非課税の3つの理由から金銭的に大きなメリットとなっています。
ただ「いくら安く手に入れることができても効果がなければ意味がない」と思う人もいます。
安物買いの銭失いと言われるように安いから良いとは限らないのも当然です。
しかし、バリフはレビトラのジェネリック医薬品です。
ジェネリックとは特許外の製品と言う意味であり、レビトラの成分とほとんど変わりがありません。
そのため、今まで日常的にレビトラを利用し続けてきた人はほぼ間違いなく効果を得ることができます。
当然のことながら、使用方法も全く同じです。
性行為する1時間前に服用しておけば、十分に効果を実感することができます。

空腹時では20分前でも大丈夫です。
体質によって効果が出るタイミングが違うため、レビトラの使っていた人はそのタイミングのままバリフを使えば問題がありません。
そして、当然、副作用や使用注意なども同じです。

つまり、値段と入手する方法だけが違うだけで、中身はほぼ同じだと考えておけばいいのです。
そのため、消費税増税で節約志向が高まっているなか、レビトラからバリフに切り替えている人は大勢いらっしゃいます。
このように家計の負担を減らしながらも、夫婦や恋人の夜の営みを阻害することなく愛を育んでいくことができます。

Comments are closed.